安曇野池田町 ワイン&ハーブアカデミー

  • ホーム
  • ワインアカデミー
  • ハーブアカデミー
  • 講師のご紹介
  • お申込み・お問い合わせ
  • 協議会について
  • 活動報告
  • 安曇野池田町について
  • ライブカメラ
  • メールマガジン
  • 池田町役場
  • ワインツーリズム・イン・長野

設立趣旨

池田町ワイン&ハーブ・アカデミーは、平成21年度、内閣府の「地方の元気再生事業」に採択された、明日の地方を担う人材育成プロジェクトです。地域をキャンパスとして、地域ぐるみで、ワイン用ブドウとハーブ栽培の技術を指導します。一期が3泊4日のコースで、ブドウ栽培コース(20名)とハーブ栽培コース(10名)に分かれています。今年は4期の研修を予定しています。
池田町は、県下でも有数の米どころ、養蚕の里として栄えていました。しかし、ここでも高齢化が進み、農業や観光に元気がなくなってきています。新しい方向として、ハーブや花、ブドウ生産に力を入れ、観光にもつなげたいと思っています。
年間を通してすごし易いところです。アルプスの麓のあづみ野で、ブドウやハーブを育ててみたい方、応募してみませんか。町をあげて歓迎します。

取り組みの内容

  • 醸造用ブドウ又はハーブの生産者養成、ワインやハーブの楽しみ方を指導できる人材の養成のために、「安曇野池田町ワイン&ハーブアカデミー」を、地域のキャンパスとみなして立ち上げる。講師陣は、公立研究機関の協力も得ながら、多様な専門家を招聘する。
  • アカデミーの内容をホームページで判りやすく紹介し、ウェブマーケティングにより、1万人の受信者に、ホームページの内容への感想、アカデミー参加への意欲、池田町への二地域居住・定住の希望などを聞き、アカデミー参加者を選定すると共に、都市農村交流希望者リストを作成する。
  • アカデミーは年に2回、9月~11月に開催する。期間は一期が3泊4日で、ブドウ、ハーブ栽培管理の実習、ワインやハーブを楽しむための教育、農家との交流などを行う。11月には、長野県内のワイナリーを訪ねテイスティングを行うと主に、醸造ブドウ生産地域のテロワール(土壌特性や微気象)を学習するためのワインツーリズムを実施する。
  • アカデミーの運営と併行して、町内の遊休農地・空き家屋の実態調査、所有者への聞き取りなどを行い、二地域居住、新規居住空間のポテンシャルを定量化する。地域の合意、内外企業の社会的投資意欲、行政の意向等を踏まえ、農業特産品生産拡大、農業と観光との連携強化、流入人口のための長期滞在希望者受入れ計画を作成する。

メンバー

青木原果樹生産組合  
夢農場 http://www1.ocn.ne.jp/~yumefarm/
NPO 法人都市農村交流推進センター http://www.toshi-nouson.com/
株式会社あづみアップル http://www.swissmurawinery.com/
株式会社カミツレ研究所 http://www.kamitsure.co.jp/
株式会社池田エコー http://www.echo.azumino.com/
株式会社ふるさと回帰総合政策研究所 http://www.furusatosouken.com/